自己啓発本が好きなお父さんの楽しむ名言集

私が好きな、私がいいと思う名言などを趣味で撮影した写真とともにつづります

司馬遼太郎

「この恩賞が不公平であれば一軍は乱れ、士気が落ち、ついには敵に通ずるものまで出す」新史太閤記 司馬遼太郎著

秀吉が、柴田勝家との「賤ヶ岳の戦い」前の正月に姫路城に帰った時の話です。 この事務は大将に課せられた要務の中でももっとも大きい一つであろう。この恩賞が不公平であれば一軍は乱れ、士気が落ち、ついには敵に通ずるものまで出す。柴田勝家における柴田…

「しかし秀吉はその不愉快さに堪えようとしていた」新史太閤記 司馬遼太郎著

柴田勝家を倒した後、越中の佐々成政に対する交渉です。 秀吉が圧倒的に有利な中、ほぼ降参に近い形で秀吉のところに来た成政の態度が悪かったが、秀吉が破格の待遇をしたという後です。 腹は立つ。おもえば若年のころから佐々成政との接触についての思い出…

「勝家は常に相手の側の都合や利害を考えようとはせず、自分を中心にろくろでもまわすように物事をまわそうとする」新史太閤記 司馬遼太郎著

司馬遼太郎さんの著作が好きなので、ぼちぼちと買い進めて読んでいます。 それに、私は豊臣秀吉も好きなので、この太閤記を楽しんで読んでいます。特に「人たらし」と言われる豊臣秀吉を詳しく知りたいので。 途中までしか読んでいませんが、痛快で面白い作…

元親ならできまい。利口者はえてして気がはやいものだ。おれは英雄ではないから、この工事ができる 「山内一豊 功名が辻 司馬遼太郎著」

高知城を築城する際の一幕です。 「元親ならできまい。利口者はえてして気がはやいものだ。おれは英雄ではないから、この工事ができる」 なるほど伊右衛門(山内一豊)には、才気がないかわりにねばりがあった。と続きます。 長宗我部元親ほどの人でも、この…

我が及ばぬところをみづから知る事まづ難し。よき人知る事、もっとも難し。善き人の言を能く用いる事、次に難し。この三つを合わせしは大智の流なり。「功名が辻 司馬遼太郎著」

戦国大名 山内一豊の生涯を描いた司馬遼太郎著の「功名が辻」の中の一言です。 「これを古き人の評して、我が及ばぬところをみづから知る事まづ難し。よき人知る事、もっとも難し。善き人の言を能く用いる事、次に難し。この三つを合わせしは大智の流なり。…